FC2ブログ

記事一覧

03/02のツイートまとめ

hadougaku 因みに前頭葉自我を閉ざした状態が継続することで、タイトジャンクションされたエリア内のみに、本来ならリンパ節だけに許される全ての倍音が揃った倍音環境同様の分子伝達が発生してしまいます。 https://t.co/E2Luf0SRaH 03-02 07:13 何故なら、脳内で創った恐怖に打ち勝たなければならない場合もあるからです。それが緊急回避行動などです。つまり恐怖する状態を生んだ情報そのものが、電磁場経由で前頭葉への可逆...

続きを読む

03/01のツイートまとめ

hadougaku そしてその間の感情の変化や情報結果を、睡眠によりDNA記憶としてメモリーします。これが通常の情報移動方向です。 https://t.co/E2Luf0SRaH 03-01 22:13 恐い気持ちのデータ移動が、電磁場経由であることはご理解いただけたと思います。 脳内伝達は、ほぼ一方通行での後頭葉(6)から前頭葉(5)への情報移動、解析、妄想を経て、何かの出力をします。 https://t.co/E2Luf0SRaH 03-01 19:13 ところがリンパ...

続きを読む

02/29のツイートまとめ

hadougaku 妄想した内容の全てを体に反応させないようにする為の垣根です。しかし妄想にも体に反応させる必要があることも起こります。例えばそれは、恐いという気持ち。  https://t.co/E2Luf0SRaH 02-29 22:13 つまり後ろから前へのデータ移動はあるが、前から後ろへのデータ移動には、生体の都合を優先する為に、一定の内容にリミットされるのです。  https://t.co/E2Luf0SRaH 02-29 19:13 というルールが当てはまります...

続きを読む

02/28のツイートまとめ

hadougaku だから脳まで含めた体内での共鳴には、有理数の必要があるわけです。そういう意味に於いても、単細胞生物に立体認知は無いのです。  https://t.co/E2Luf0SRaH 02-28 22:13 しかしこの数値は片方が無理数ですから、細胞膜電位の集大成としての脳内電位に於いて、共鳴できる状態にはなりません。或いは、体共鳴での振動を考えても、整数比のみが共鳴可能であります。 https://t.co/E2Luf0SRaH 02-28 19:13 この比率...

続きを読む

02/27のツイートまとめ

hadougaku だからx軸、y軸、z軸+重複軸となるわけです。そして細胞膜電位パラメーターは立体での挙動ですから、Xtengu、Ytengu、Ztenguの3基礎面が発生します。 https://t.co/E2Luf0SRaH 02-27 22:13 面はx軸とy軸で表現可能ですから、その面が直交すれば、x1軸、y1軸+x2軸、y2軸の4軸となり、このうち1軸が重複します。  https://t.co/E2Luf0SRaH 02-27 19:13 「磁界と複素的な空間(電磁力渦加熱)...

続きを読む