記事一覧

08/18のツイートまとめ

hadougaku ところが、人体定在波(ファシレ山田理論)から部位毎の振動数の違いが生じ、リンの振動とそのベースである炭素の間に振動数の差=内在電位差(e≠1/f)が生まれます。 https://t.co/IghN6e9EQE 08-18 23:14 もちろん表面上(外在上)のエネルギー伝達もカルシウムとリン(ATP)の関与から筋肉は弛緩収縮(ローマン反応、無酸素運動)を起こすわけですが、内在記憶としては、振動をリンがキャッチし共鳴します。 https://t.co/I...

続きを読む

08/17のツイートまとめ

hadougaku そして今はまだ身体内在圧を上げたり抜いたりすることを通して遠隔通信のトレーニングをしている段階ですが、前出の通信プロトコルを模したトランスミッション方法が確立できると思っております。 https://t.co/E9OsicxJ0N 08-17 21:14 脳磁界(横軸)を広げ、チャクラを開け、思考方法を吟味することで、人は新たなツールを手に入れることができるのです。 https://t.co/E9OsicxJ0N 08-17 20:14 しかしその囲みに意...

続きを読む

08/16のツイートまとめ

hadougaku だから脳のみの思考からストレスを生み出してしまうのです。そしてそれは前記事に於いてのパリティー対称性問題と同義なのです。 https://t.co/E9OsicxJ0N 08-16 23:14 そしてその一貫性を脳にコピーし、それを言葉に置き換えて出力する。これが脳の正しい使い方であって、コピーした情報のみの思考は本来思考とは呼べず、「思考上の仮想」なのです。 https://t.co/E9OsicxJ0N 08-16 22:14 事故後の警察官との話し...

続きを読む

08/15のツイートまとめ

hadougaku 中途の段階でも情報はあるものの、解析に難があり、外見上キチガイと映ります。1〜4次元でのアカシックレコードアクセス権はありません。 https://t.co/E9OsicxJ0N 08-15 23:14 もちろん実脳磁界も同様に4つの理論回路を持ちますが、通常1と4。脳使用法改革(覚醒)過程で5が発動します。8が始動すると脳改革に拍車がかかり、アカシックレコード情報を整理解釈可能になります。 https://t.co/E9OsicxJ0N 08-15 22:14 ...

続きを読む

08/14のツイートまとめ

hadougaku 遠隔感応、所謂リンクについてですね。 なぜ遠隔感応が可能かと言うと、外在物質も肉体の様々な物質も、素粒子と電子殻の別々な振動からできています。 https://t.co/CHIPO61b8b 08-14 23:14 しかし虚脳にあった軸を実脳に移動する過程が数週間から半年ほどかかりその間、難聴様症状を呈する。 https://t.co/CHIPO61b8b 08-14 22:14 子供の場合は実脳に言語がないですから、意識体の持つ言霊成分を虚脳経由でコピ...

続きを読む

プロフィール

hadougaku

Author:hadougaku
山田貢司氏のblogの更新通知や、過去ブログから抜粋した言葉をつぶやく公式botのブログです。